無力が消費者金融で借り入れる方法

消費者金融では基本的に無職の人には貸し付けを行なっていません。

 

ですから収入の無い人が審査に通過するのは非常に難しいのですが、正社員以外の契約社員やパート、アルバイトなどの雇用形態で働いている場合には借りられる可能性が出てきます。

 

一切収入がないという場合には配偶者の収入によって借りられるケースがありますが、この場合は本人の意思だけで契約を結ぶことができず配偶者の同意が必要ですし、本当に婚姻関係にあるのかを証明するための書類も提出しなければなりません。

 

中にはこういった書類の提出を省いているところもあるようですが、ほとんどのケースでは必要です。

 

これから数ヶ月の間に働くことが明らかな場合にも、就職先の確認を行うことができれば借り入れをすることができます。

 

 

借金のメリット

借金のメリットは、一時的に金銭的余裕がうまれることです。

 

個人であっても企業であっても金銭的に余裕がない状態では、予期せぬトラブルなどが生じた際に、対応できずに困った状況に追い込まれてしまうケースもあります。

 

金銭的に余裕があれば、そのような事態にもきちんと対応できる点や精神的にも余裕がうまれます。

 

個人の場合には生活などにおいて精神的余裕があることで、周囲に対しての接し方もかわってくるでしょう。

 

企業の場合には、資金繰りに悩まずに済む点などはメリットといえます。

 

ただし、借金をするということはその後の返済があります。

 

その点はしっかりと頭に入れておき、無理なく返済ができる状況を作り出す、きちんと全額返済をするように心がけることも大切です。

 

 

借金のデメリット

普段の生活でなるべく収入の範囲内で支出を抑えたいですが、それでも収まらず、貯蓄もあまりない場合はやむを得ずカードローンやクレジットカードのキャッシングで一時的に借金をすることになります。

 

借金をすると、一時的には助かったという気分になりますが、そういう良い面ばかりあるわけではありません。

 

まず、すべて返済するまでは毎月支払う返済額に利息が加わります。

 

つまり、返済するだけでなく、利息分を多く支払わなければならないデメリットがあります。

 

返済期間が長ければ長いほど、そのデメリットは大きくなります。

 

それ以外にも、一度借金をすると、その後もお金が足りなくなりそうなときに「また借りればいい」という気持ちが生まれることが危険ですし、一番のデメリットです。

 

知らず知らずのうちに借金が膨れ上がる原因となりますので、日々の心掛けも大切ですし、お金を使う際に何よりも注意が必要です。

 

 

お金の借り方

お金の借り方としてキャッシングやカードローンを利用するという方法があります。

 

ただし、審査などもあるため必ずしもお金を借りられるとは限りません。

 

審査のゆるい消費者金融も存在するためどうしてもお金が入り用な場合には、利用してみるというのも一つの方法です。

 

また、親戚や家族など身内や友人、知人にお金を一時的に借りるというのも有効な手段です。

 

あまり大きな額を貸してもらうことは難しいかもしれませんが、一時的にお金が足りない場合などは頼んでみることで貸してもらえる可能性もあります。

 

その代わり借りたものはきちんと返すのが基本です。

 

身内や友人、知人だからといって例外ではありません。

 

そのため、金額はその後の返済がきちんと行える額を借りるようにしましょう。

 

 

バレずにお金を借りる方法

誰にもバレずにお金を借りる方法には、全ての手続きがオンラインで完結できるカードローンを利用する方法があります。

 

身分証明書の提出を画像をアップロードする形式にして明細にはWeb明細を選択すれば一切の郵便物のやり取りをする必要が無くなるだけではなく、連絡先を自身の携帯電話にすればご家族に知られることもありません。

 

借入金の引き出しや返済を行う際に金融機関のATMを利用する場合にはその様子を誰かに見られてしまうことを懸念するケースも少なくありませんが、コンビニエンスストアに設置されているATMが利用できるケースでは24時間いつでも利用できるだけではなく、お買い物のついでに寄ることができるなどバレないような工夫もされています。

 

 

お金を借りる時の注意点

普段の生活で、どうしてもその月だけ出費が多くてお金を借りることが誰しもあると思います。

 

その際の注意点は、お金を借りた後の月々の返済金額がどのようになっているかを確認することです。

 

一度借りた以上、一度でも返済を滞らせると、しばらくの間追加でお金が必要となった時に借りられなくなってしまいます。

 

このため、借りた後の月々の返済金額と、収入金額を照らし合わせることをお勧めします。

 

毎月きちんと返済をしている限りは、追加でお金が必要となった時でも借入限度額の範囲内であれば借りることができます。

 

普段から計画的な資金繰りをすることを心掛けることによって、借金をなるべくしないことが一番望ましいのですが、お金を借りた後も同じように資金計画を立てることが大切だと思います。

 

 

カードローンの金利

カードローンを申し込む時にはできるだけ金利の安いものを利用した方が返済するのが楽になります。

 

最近では一覧で比較しているようなサイトもありますので、そういったサイトを利用してもっとも安い金利で貸してくれるところを探すべきです。

 

情報を見る時に注意したいのが、借りる額によって金利は変わるという点です。

 

借りる額が大きくなれば金利は安くなり、小さくなれば高くなるのが一般的ですので、自分がどれくらいの額の利用を考えているかで金利を計算してみましょう。

 

すぐに全額を返済してしまう場合には、一定期間内なら利息を支払わずに借りられるケースもありますので、契約内容にそのようなサービスがないかを確認することも大切です。

 

 

金利が安い消費者金融

消費者金融でキャッシングする時は、出来るだけ金利が安いところを選びたいところだと思います。

 

貸金業法で定められた金利上限は、10万円以下で金利20%以下、10万〜100万未満で18%以下、100万円以上で15%以下と定められています。

 

キャッシングをする時はこのことを頭に入れて置くと、どこが安いのかということが分かりやすくなります。

 

ここで気を付けたいのが消費者金融の金利は日割り計算であるということです。

 

なので見た目の金利が安いところよりも、早く返せる見込みのある人などは、無利息期間があるところの方が支払う利息が安くなることがあります。

 

こうした自分の借り入れ計画を考えて、最もお得な所を見極めることが大事です。

 

 

おすすめのカードローン

カードローンは日常生活において友人の結婚式に出席しなければならなくなったなど突発的なことでちょっとお金が足りないときなどに融資の審査の手間などがなくキャッシュディスペンサーに行けばすぐにお金を借りることができるという点で大変便利なものです。

 

ただし、その利便さとは裏腹に金利が15%程度に設定されているものもあり、注意しなければなりません。

 

このような中でおすすめのカードローンとしては、労働金庫のカードローンです。

 

理由として働く労働者であればこの労働金庫のカードローンを作成することができるうえに、その金利についても通常の15%程度のカードローンと比較して9%程度の金利で一定額借りることができるという金利面でお得な設定となっているからです。

 

 

銀行と消費者金融の違い

お金を借りる時には銀行にするのか消費者金融に申し込むのかで迷ってしまうことがありますが、これらのは明確な違いがあります。

 

銀行は総量規制の対象外となっていますので年収の3分の1を超える額であっても融資を受けることが可能ですが、消費者金融の場合は対象ですので年収の3分の1までとなっています。

 

そのため、年収の低い人は借りられる額が小さくなり、300万円の人なら100万円までという制限がありますので注意が必要です。

 

金利は銀行の方が安いので、返済をする際に楽です。

 

よく比較されるポイントとして審査のスピードがありますが、審査スピードは消費者金融の方が速いといわれています。

 

即日OKとされているところはほとんどが消費者金融です。

 

 

カードローンの審査のポイント

カードローンの審査の基準を公開している銀行はありませんが、間違いなく言えることは支払い能力があるかないかというのが審査のポイントとなるはずです。

 

そこで、関係してくるのがまずは年齢です。

 

20歳以上の成人なのかそれとも未成年なのかということです。

 

それから、本人の持ち家または、学生の場合などは家族所有であるかどうかということの他に、勤務先ということも重要な要素となります。

 

大手の会社に勤めていれば収入が安定していると見なされ審査は通りやすくなるはずです。

 

ただし、過去のその人の返済履歴で滞納があったりするとその限りではありません。

 

カードローンを利用する際には、審査の基準にそういったいくつかのポイントがあるということを覚えておくと良いでしょう。

 

 

返済額を計算する方法

消費者金融などで初めてキャッシングする時など、返済額はどのくらいになるのだろうと不安ではないでしょうか。

 

金利の計算方法を覚えておけば、資金の計画が立てやすいですし、そうした不安感も払拭されます。

 

消費者金融の金利相場は年率4.5〜18%といわれています。

 

返済額は、借りた金額に利息を加えたものを返済します。

 

利息の計算方法は利用残高に年率の金利をかけそれを利用日数に365を掛けたもので割り算したものが利息になります。

 

例を挙げると、50万円を年率15%で借り入れた場合の1ヵ月(30日)にかかる利息は、500,000×0.15÷365×30で6,164円になります。

 

従って、1ヵ月後に30,000円返済したとすると、6,164円が利息の返済に回されますので、23,836円が引かれ、残りの返済金額は476,164円という風に計算できます。

 

 

借金一本化のメリット・デメリット

借金一本化とは、複数の借り入れ先がある多重債務者が、銀行など借金をしていない新規の金融機関から低金利で貸付を受け、もともとあった借金を完済し、その後低金利で貸付を受けた金融機関に借金を返済することをいいます。

 

おまとめローンとしてよく知られていますが、この借金一本化にはメリットがあります。

 

まず、低金利で貸付を受けるので、金利が安くなります。

 

また、返済期日が1日になることで、複数の返済期日に追われることもなくなります。

 

しかし、総債務額が増加するというデメリットもあります。

 

低金利の場合は、それだけ支払い期間も長くなるので、合計支払金額も増加していきます。

 

他にも、完済するまでは他のカードローンで借金をすることができなかったり、借金一本化は審査が厳しいなど、様々なデメリットがある点にも注意が必要です。

 

 

お金の返し方

お金を借りた場合にはきちんと返すことが大切です。

 

お金の返し方は人それぞれですが、しっかりと全額返すように、定期的に無理のない返済の仕方をするか、目途が立った時点で一気に返済するなどできるだけ返済を優先させることが重要です。

 

借りたからといってその後返すのはいつでもいいというわけでなく、できるだけ早く返済、もしくは定期的に返済をするように心がけるようにしましょう。

 

人によっては生活状況や収入面なども違いがあるため、一概にはいえませんが、借りる場合でも無理なく返済できるかどうかという点をよく考えてから借りる金額を決めることも大切です。

 

きちんと返済して貸してくれた側との信頼関係を築いていくことも大切です。

 

 

お金が返せないときの対応

返済日までにお金を工面できなくて返せない場合は、そのまま黙っているのは最悪の対応です。

 

お金が返せないと分かった時点で早めに金融機関に連絡をして対応を相談することが大切です。

 

金融機関にもよりますがほとんどの場合で、多少利子が上乗せされますが返済を待ってもらうことができます。

 

または少しだけ返済をして残りを分割で支払うなどの対応をしてもらうこともできます。

 

何も連絡をしないでそのまま返済日が過ぎてしまうと、金融機関から連絡が来たりブラックリストに登録されてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

 

それでもお金が返せない状態になってしまったときは、弁護士や司法書士といった専門家に相談をして対応を考えた盛る方法もあります。

 

 

お金を節約する方法

お金を節約する方法としては、生活費を見直して出費を抑えることや無駄な買い物をしないことです。

 

光熱費などに関してもちょっとした工夫や意識をかえることにより、料金を抑えることもできるでしょう。

 

電気代にしても電気をつけっぱなしにしておかないことや、使っていない家電のコンセントは抜いておくなどちょっとしたことも節約につながります。

 

水道やガスにおいても同じことがいえるでしょう。

 

また、買い物をする際には本当に必要なものだけを買う癖をつけるのも節約の手段といえます。

 

お店で予定外のものを購入してしまうと支出が増えてしまいます。

 

少しでも支出を減らす意味でも、きちんと必要なものをあらかじめリスト化しておき、それ以外のよけいなものは購入しないようにすることで、お金を節約していきましょう。

 

 

更新履歴